運送業者と交渉して送料を下げている

大手のecサイトの特徴として、送料がとても安いことが挙げられます。サイトによっては全品送料無料というところもあります。なぜ、そのような低料金の配送を実現できるのでしょうか。まず、一番の理由として、大手ecサイトは運送業者にとって大事なお得意様であるということが挙げられます。なので、ecサイト側が配送料金を下げてほしいといってきた場合、それに応じるため、一般人が荷物を送る場合と比べて破格といえる料金で送れるようになるというわけです。

送料は商品代金に最初から含まれている

たとえば、荷物一個につき全国どこでも100円で送るということで交渉がまとまれば、その100円を商品の値段に含めても、ほかのecサイトと比べてそれほど高くならず、送料無料を実現することが可能になります。つまり、大手ecサイトが格安の送料を維持できているのは、元々の送料が安い上に、その送料が商品の値段に組み込まれているからなのです。では、運送業者側の人件費が上がっていく今後も、送料無料を維持することは可能なのでしょうか。

ドローンの配達が実現すれば無料化拡大の可能性がある

今まで無条件で送料無料としていたecサイトも、一定金額以上、購入した場合、あるいはプレミアム会員になった場合など、条件をつけるようになっているので、今後は一律送料無料というのはなくなる可能性もあります。ただ、ドローンによる配送が実現化すると、人件費がほとんどかからなくなるので、送料無料のecサイトが逆に増えていくかもしれません。また、人件費高騰の一因である、不在による再配達を解消する方法が編み出された場合も、送料無料化が進むことになるでしょう。

ecサイト構築のコツをつかむために、専門のIT企業のスタッフのアドバイスを参考にすることが効果的です。